208 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 21:21:50 ID:wGnzrxh/.net
流れ読まず書き捨てします

高校のとき、山岳部に入ってた。
この山岳部、山に登らずに壁を登ってた。いわゆるクライミング。
学校のトレーニングルームの一角には顧問が作った5mくらいの壁があったし、
週末には少し離れたとこの20m級の壁に登りに行ってた。

ある週末、大会が近くて20m級のところでそれなりに気合入れて登ってた。
5mくらいならロープはいらないが、流石に20mはロープがいるので、下でロープを誰かに持ってもらわないといけない。
その県のクライミング協会のおじさんが、いつもロープ持ってくれてた。
「酒がのみたいw」「オイふざけんなww」と雑談しつつ、私は登り始めた。
普通に10mくらい登ったとこで、傾斜がかかる。
気合入れて登ったけど、頂上のゴールまであと少しってとこで手を滑らせて落ちた。


が、すぐブレーキかかってとまるはずのロープが止まらない。むしろどんどん落ちてく。
何も考えられず、内臓が浮く感じを味わってると、やっとブレーキかかって宙ぶらりん状態。

地面と足の差、20cmもなかった。

ブレーキ役のおじさんは半笑いで「すまん、ぼーっとしとった」って謝った。
「タヒぬかと思った」って怖くなり、いい年して泣いてしまった。
私以外は部に女子はおらず、大人も男忄生ばっかりだったのでみんなちょっと狼狽えてた。
あとで落としたおじさんにはアイスおごってもらった。

今では笑い話だけど、後に道端でぶっ倒れて本気でタヒにかけたときと同じくらい怖かったよ。
209 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 21:48:12 ID:dH5kzL7V.net
お約束なので道でぶっ倒れてタヒにかけたほうもヨロ
210 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 22:07:12 ID:Y4egCa+P.net
>>208
リアル遠見真矢だな。皆城総士の気持ちが良くわかることだろう。
213 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 22:40:39 ID:uXZ8ZsvX.net
>>208
その手のスポーツものはくだらん惰忄生と慢心が命取りになるからな、無事でよかったよ